このメニューでは皮膚のニキビを治療後にニキビ跡の治療についての情報をお届けしています。
【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療

【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療



【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療ブログ:17-01-20


「減量中は間食を控えるべき」
というのは、みなさまご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
食事を食べてから数時間で腹がすいてしまい、
手軽に腹を満足させるために、
お菓子などを食べることが多いですよね。

食後数時間で肉体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて肉体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい肉体になっていくわけです。

また、腹がすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むお菓子などを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ライスよりもお菓子のほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだお菓子などを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的には腹が満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
肉体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しく腹が減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。

【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療

【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療

★メニュー

【お役立ち情報】肝斑レーザーによって悩みの皮膚の肝斑改善
【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療
【お役立ち情報】ニキビを治す為に信頼出来る皮膚科へ通う
【お役立ち情報】まつげエクステをすることで実感出来る効果とその特徴
【お役立ち情報】札幌の美容外科を利用してワキガ多汗症の治療
【お役立ち情報】ほくろ除去を実現するために皮膚へ炭酸ガスレーザーや電気メスを使用
【お役立ち情報】レーザー脱毛を利用してのレーザー治療は比較的痛みが少ない
【お役立ち情報】目立つ赤ら顔の治療にもいろいろな美容術が用意されている
【お役立ち情報】歯科に通ってセラミック治療と強制治療で歯並び改善
【お役立ち情報】ホクロを実際に切除する前には皮膚を診断


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)いろいろな美容も美容整形も豊胸情報