このメニューでは皮膚のニキビを治療後にニキビ跡の治療についての情報をお届けしています。
【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療

【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療



【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療ブログ:16-03-31


「減量でガマンは禁物!」
この言葉は、今や減量の常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、おいら自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
長期的に減量を続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい体になったり、
過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
皆さん、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた体や心に鞭打つような減量では
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕方食後のおかしをガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「おかしを食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
チョコレートを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
減量のちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスに減量を進めてみてはどうでしょう?

嗚呼,気分爽快
【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療

【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療

★メニュー

【お役立ち情報】肝斑レーザーによって悩みの皮膚の肝斑改善
【お役立ち情報】皮膚のニキビをした治療後に正しくニキビ跡の治療
【お役立ち情報】ニキビを治す為に信頼出来る皮膚科へ通う
【お役立ち情報】まつげエクステをすることで実感出来る効果とその特徴
【お役立ち情報】札幌の美容外科を利用してワキガ多汗症の治療
【お役立ち情報】ほくろ除去を実現するために皮膚へ炭酸ガスレーザーや電気メスを使用
【お役立ち情報】レーザー脱毛を利用してのレーザー治療は比較的痛みが少ない
【お役立ち情報】目立つ赤ら顔の治療にもいろいろな美容術が用意されている
【お役立ち情報】歯科に通ってセラミック治療と強制治療で歯並び改善
【お役立ち情報】ホクロを実際に切除する前には皮膚を診断


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)いろいろな美容も美容整形も豊胸情報