【お役立ち情報】レーザー脱毛を利用してのレーザー治療は比較的痛みが少ない

多くの人が美容整形というイメージから、何となく避けてしまっていますが、決して避ける必要はありません。
美しさというのは簡単には実現することが出来ないものなのですで、美容整形で自分の夢を叶えてみませんか? レーザー治療というのは医師・看護師などといった有資格者によって認められた機械を使用しますので安心であり安全と言えます。
気になる正常組織への影響ですが、ほとんど悪影響はありませんので安心して受けることが出来ます。

 

医療レーザー脱毛機に搭載されているクーリング機能によって、お肌のダメージを最小に抑えることが出来るでしょう。
軽い痛みを生じることもありますが、決して我慢できないような強烈な痛みではありません。

 

多少なりの個人差は出てきますが、針などを使用した脱毛と比較をすると、その痛みの度合いはかなり弱くなっています。
ちょっとした痛みも苦手な方は、事前に麻酔を施して治療をすることも出来ますので、カウンセリング時に相談をされると良いでしょう。



【お役立ち情報】レーザー脱毛を利用してのレーザー治療は比較的痛みが少ないブログ:20-01-24

減量の敵といえば
「脂肪」ですよね。

脂肪は、体温維持や
内蔵を守るクッションなどの大切な役割もしていますが
過剰だと肥満や病気の原因になります。

この脂肪は有酸素体操で燃焼するのですが、
体の部位によって、
脂肪が落ちやすい・落ちにくいなど異なります。

一般的に体操をすると
まず筋肉中の栄養がエネルギーとして使われてから、
内臓脂肪→皮下脂肪という順でエネルギー消費されます。

内臓脂肪はすぐに使えるよう
先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪はあくまでも備蓄エネルギー用として
体に溜められているんですね。

女性の場合、
もともと下半身に脂肪細胞の数が多い上に、
女性ホルモンが皮下脂肪をため込む働きがあるそうです。

そして
太い血管が通っている箇所は
血管を守るために脂肪がつきやすくなります。

もちろん個人差もあるでしょうが、
女性が減量を続けた場合…

「あご・ほほ」→「ふくらっぱぎ」
→「肩・上腕部」→「太もも」→「胸」
→「お腹」→「腰」→「ヒップ」
といった順で、
脂肪が落ちていくんだそうです。

だから、ヒップやお腹周りが
なかなかスッキリしないんですね!

体に溜まった脂肪を落とすためには、
体脂肪の代謝反応に必要な
必須栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)が十分に必要となります。

体に溜まった脂肪を落とす時こそ、
食べる事を抜いたり、
一種類の食べ物に頼ったダイエットではなく、
大事なことは食べる事のバランスに気を配るということですね。

食べる事をしっかり食べて、体をしっかり動かして、
余計な脂肪をしっかり燃焼させましょう!