【お役立ち情報】肝斑レーザーによって悩みの皮膚の肝斑改善

人にとって健康が最も大切なことですが、やはり健康だけではなく見た目の美しさも欠かすことの出来ないことでしょう。
今では非常に多くの美容方法が確立しており、簡単に美しさを実現することが出来るのです。 外科的療法としましては高周波での焼灼や液体窒素による冷凍凝固などもあります。
多くの美容クリニックではレーザー治療が一般的となってはいますが、レーザーがトラブルの原因となるケースも100%無いとはいえませんのでご注意ください。

 

診断時に隠れてしまっている肝斑を見つけ出すことが出来ずに、その他のシミに有効なレーザー照射を施してしまうケースもあります。
その元をしっかりと治療しなければ再発してしまったり、また余計に悪化してしまうこともありますのでご注意ください。

 

最近では内服薬や外用剤が主流となっている肝斑治療に、さらに肝斑アクシダームという治療法も出て来ました。
今では肝斑治療の一つとしてよく使われていますが、その他様々なお肌のトラブルも解消することができます。



【お役立ち情報】肝斑レーザーによって悩みの皮膚の肝斑改善ブログ:20-01-24

まだ新米の父とお母さんだったわたしたちが、
抱っこすれば筋肉痛、泣く度にあたふた、
オムツ替えの時、緑色のうんこが出てきただけで
大騒ぎしていた頃…

男の子が生まれて7日間が経ち、退院の日となった。

一応、入院中に、ミルクの飲ませ方、入浴方法等、
基本的事項は伝授されていたが、
こんなに小さくてか弱い存在を、
果たして自分たちだけで育てていけるのか、
わたしは心中穏やかではないどころか、嵐が吹き荒れていた。

家に帰って、我が家で初めてのミルクの時間。
奥さんがおっぱいを飲ませた後、
哺乳瓶でミルクを飲ませるのがわたしの役目だ。

吸い口を男の子のクチに当てると、
男の子は吸い口にかぶりつき、勢いよく飲み出した。

小さいながらも、
一生懸命ミルクを飲む姿に、思わず目頭が熱くなる。
ましてや、自分のおっぱいを飲ませるお母さんにしてみれば、
何よりも愛しい存在に思えるだろう。

ほっとしたのも束の間、
男の子は飲まなければいけない量の半分で飲むのをやめた。

鼻とクチの間を、吸い口の先で
ちょんちょんと刺激しても何の反応も示さない。
病院では、これぐらいの量は楽勝で飲んでいたのに…

わたしは何度も呼びかけ、肉体を揺すったりしてみたが、
やはり男の子は無反応である。
わたしの肉体中から、変な汗が噴き出してきた。

奥さんが慌てて駆け寄り、
男の子を抱えあげ何度も呼びかける。
二人して、大声で何度も呼びかけた。
もう涙が出てきそうだ。

わたしは動転している頭の中で、
病院でのやり方と何か違った点がなかったか必死に考えた。
いや、何も違ったところはない。完璧だ。

わたしは、男の子の鼻先に耳を当ててみた。
「スースー」
男の子の気持ちよさそうな寝息。

ウエストがいっぱいになり、
男の子はただ寝ていただけだった。