【お役立ち情報】肝斑レーザーによって悩みの皮膚の肝斑改善

人にとって健康が最も大切なことですが、やはり健康だけではなく見た目の美しさも欠かすことの出来ないことでしょう。
今では非常に多くの美容方法が確立しており、簡単に美しさを実現することが出来るのです。 外科的療法としましては高周波での焼灼や液体窒素による冷凍凝固などもあります。
多くの美容クリニックではレーザー治療が一般的となってはいますが、レーザーがトラブルの原因となるケースも100%無いとはいえませんのでご注意ください。

 

診断時に隠れてしまっている肝斑を見つけ出すことが出来ずに、その他のシミに有効なレーザー照射を施してしまうケースもあります。
その元をしっかりと治療しなければ再発してしまったり、また余計に悪化してしまうこともありますのでご注意ください。

 

最近では内服薬や外用剤が主流となっている肝斑治療に、さらに肝斑アクシダームという治療法も出て来ました。
今では肝斑治療の一つとしてよく使われていますが、その他様々なお肌のトラブルも解消することができます。



【お役立ち情報】肝斑レーザーによって悩みの皮膚の肝斑改善ブログ:20-07-03

減量をしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
減量失敗を繰り返していたおいら。

おいらの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おかしを食べてストレス解消。
お子様たちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は弟とともに、夜中にチューハイ+おつまみで乾杯。
お子様たちが残したごはんは、
もったいないのでお腹がいっぱいでも食べてしまう。
お子様たちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

減量を始めても
この習慣はなかなか止められず
特におかしの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おかしを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おかしって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食べる事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておかしを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおかしも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
減量中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しく減量をしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられる減量をしていきましょう!